away セレッソ大阪戦
若いっていいなぁ。

プレーヤーが伸びる過程を見守れるのはクラブサポの楽しみの
一つですがユースから昇格しここまでわずか5か月で3人(!)
の監督から変わらぬ信頼を得ている橋岡君はまさに伸び盛り。
もちろん課題は色々あるけど中3日の過密日程だろうが最後の
一歩まで走り切るという気概はなにより大切。
昨日のラストプレーには心打たれました。
(もう一歩も動けないくらい使い切ってた)
DFはミスをしながらその経験を糧に成長するポジション(今は
DFではないけど)だそうだしJ1で毎試合国内トップレベルの
サイドアタッカーたちとマッチアップすることの相乗効果は計り
知れない。
そして前節に続き荻原君もサブとしてオリヴェイラの信頼を勝ち
得つつある感じ。序列はウガ、菊池だったのに中断期を経て2番手
に上がっている。昨日は一度決定機があったけど右で撃つことに
躊躇いがあったのかな?

立ち上がりのウガのぼやっとしたプレーでチーム全体が浮ついた
というか3バックの両サイド裏へロングボールを放り込まれ5バック
にされてしまい中盤が薄くなり序盤は完全に相手のペース。
混乱の中から左CKのこぼれ球を高木俊幸に押し込まれあっさり先制
を許す…元所属相手では喜びを押し殺すいい子ちゃんアピールが流行
りなのにあのはしゃぎっぷりはw
焦ることなくバランスを修正し持ち直したのでゲームが壊れることは
なかったけど去年の長居の再現か…と悪夢がよぎる前半でした。
オリヴェイラのレッズはハイプレスより引いて構えポジショニングで
ボールサイドを追い込むやり方をしたいようで見ていてちょっと焦れ
ることがあるけどむやみにボールホルダーにアタックし外され消耗す
るよりはスマートな守備戦術なのかも。
前節もそうだったようにこの試合も先に足が止まったのは相手でレッズ
は序盤の70分で決まりごとのように運動量が落ちて防戦一方になって
いたのがウソのようにこの猛暑の中走り切れていたのはオリヴェイラの
レッズになってまず改善された点。

新加入のファブリシオは鹿島時代の印象が全然なくて初見のようなもの
でしたがサボることなく走るしプレスバックも怠らない。
真面目そうでいいんじゃないですか?
まぁラファのように展開に関係なく決めるタイプではないのは確か。


[PR]
by caz0322753 | 2018-07-23 22:17 | 浦和レッズ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://directpass.exblog.jp/tb/238671102
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 川崎戦@埼スタ オズのセットプレー >>