郷愁
試合前からソワソワ、ドキドキする代表戦っていつ以来だろう。
達也の代表ユニ姿は感慨深いものがあった。ほんとによかったな。


なんだろ?この中盤は・・・後ろにはトゥーリオに坪井、FWには達也。
ハイプレッシャーから繰り出す2列目からの飛び出し、ダイレクトに廻る
ボール。奪った瞬間トップスピードでゴールを目指す これ零四式レッズだ。
失ったもの、もう見ることはないと思っていた山瀬との絡み・・・

アレの1点目はいつか見たような位置、弾道、予感どおりの結末。
特筆モノは2点目、駒野が啓太からボールを受けると一気に前線へ
浮いたボールを冷静にGKの頭上に浮かせてのゲット。

坪井の怪我が心配だ。楽しい気分が一気に吹き飛んでしまった。


試合を見て感じたことは明日にでも書きますね。
[PR]
by caz0322753 | 2006-08-09 23:54 | フットボール | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://directpass.exblog.jp/tb/4100366
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< オシム・レッズ いろんな意味で再スタート >>