大熊JAPANか?
誰か大熊の口にタオルでも突っ込んどけw

レッズからは5人が先発。
よく見えたのは啓太かな、サイドに散らそうとしたり縦に入れたり
守備は1ボランチ?状態でも頑張って耐えてた。
トゥーリオは最後の時間帯で前線に上がりながらポジが中途半端に見えた。
レッズのときのような力技はまだ周りが戸惑っているのかも、いいからFWだと
思って使ってみろってw

巻はポストに徹して達也の持ち味を活かすような展開を想像していたのに
お互いに距離を取り過ぎでは?
達也にポストの潰れ役させて自分はサイドに開いてばかりってどうよ?
こういうコンディションなら終盤間延びするのは当たり前でしょ、なら達也は
無理にポストをさせるよりスペースが出来る終盤に使ったほうがいいんじゃないかな。
[PR]
by caz0322753 | 2006-09-04 12:51 | フットボール | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://directpass.exblog.jp/tb/4229700
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< となりのげっ歯類 元海外厨 >>