2018年 01月 18日 ( 1 )
毒を吐く
ICAN・核廃絶国際キャンペーンがノーベル平和賞を受賞したことは記憶に
新しいと思います。
オバマ前アメリカ合衆国大統領が『核兵器の削減(をしたいなぁ)』と発言
しただけで受賞した大変権威があるらしい賞です。

そのICANの事務局長が来日し反核キャンペーンをダミーに使った安倍政権
批判をメディアやいつもの反政府活動家と共闘し展開しています。
安倍総理に面会を求めたが拒否されたとNHKを筆頭にいつもの一部メディア
が報道し続けていますが安倍総理がバルト三国などを歴訪するスケジュール
が決定した後にアポを求めていたことが発覚し来日自体が反核キャンペーン
ではなかったのでは?と疑いたくなります。
スウェーデン出身の事務局長は母国が核兵器禁止条約に賛成していないこと
は棚に上げ『日本は広島、長崎以外で同じ過ちを繰り返していいと思って
いるのではないか』とすべての日本人を愚弄する発言をしています。
世界中でどの国より核兵器の恐ろしさを知っている日本人に向かってこんな
心無い言葉を吐きかける連中が核廃絶キャンペーン…どんな団体なのか普通
の感性の持ち主なら察せると思います。
日本の周辺にある中国など核兵器保有国に抗議するのではなく日本政府を非難
する手法は国内の反核団体のいつものやり方なのでICANもその一味なのでしょう。
事務局長は安倍総理が逃げたと言いたげですがアポなしで押しかけ逃げたもなに
もないでしょうにw
アポなしで押しかけるのがICANのスタイルならいますぐ日本から核兵器保有国
の中国に向かい習近平にアポなし会談を求めたらどうでしょう?
スウェーデンからならプーチン大統領に面会するのも近くていいのでは?
[PR]
by caz0322753 | 2018-01-18 09:33 | つぶやき | Trackback | Comments(0)