カテゴリ:フットボール( 172 )
始まっていた
2015式浦和レッズが始動していた。
新加入選手の会見、ユニフォームの発表があったなーと思って
なにかエントリしないとと考えているうちに宮崎キャンプになっ
ているというね…w
今年はACLと2ステージ制+なんたらを考慮し戦力に厚みを持た
せたらしい。浦和レッズのために戦ってくれるならどこから来た
誰であろうと応援するよ。
岡本さん、小島、大谷がローン先から復帰してきた一方、直輝、
矢島、阪野がローンで移籍し坪井が湘南ベルマーレへ、ギシが
モンテディオ山形へ、水輝がアビスパ福岡へ順大が大宮へ完全
移籍していた。
坪井、ギシ共にあの年齢でJ1で必要とされるのは凄いことだなぁ。
直輝には色々思うことはあるけどもう若くないのだし限られた時間
を有効に使って欲しいな。矢島は数少ない裏への飛び出しが出来る
タイプだったので正直勿体ない気はするけど出場機会を勝ち取って
成長してきてほしいな。


あ、リーグ戦に冠スポンサーがついたそうでよかったDEATHね(棒
ついでにシーズン前の大切な調整期間にスカパーを冠スポンサーに
したにゅういやぁかっぷという余計な大会も作ってくれました。
大手広告代理店のおかげでJリーグいろいろはじまったなあ(棒


アジアカップ
グループリーグ3試合を無失点の3戦全勝で準々決勝進出。
3試合すべてをフルタイム見たわけではないけどこのグループでの
日本は頭一つ抜けていた。際立ったのは攻守の切り替えの早さかな。

一番警戒していたイラクはボールの奪いどころが定まらず最終ライン
は棒立ちで日本のパスワークに翻弄されスコア以上の完勝だった。
GL1位通過が懸かったヨルダン戦も危なげない試合運びで前半早々に
先制し後半立ち上がりのプッシュを耐えカウンターから追加点を奪う
理想的な展開で完勝。
2試合とも印象的だったのはアギーレの采配で、イラク戦では中盤を
活性化させヨルダン戦では相手の足が止まった時間帯で武藤を投入し
カウンターから武藤のクロスを香川が押し込んで試合を決定づける
追加点に繋がった。
by caz0322753 | 2015-01-21 00:16 | フットボール | Trackback | Comments(0)
GL コートジボアール戦
ワールドカップ・ブラジル大会が始まりました。

大会序盤で一番知名度を上げた日本人は西村だったようなw


完敗。
「日本らしい攻撃的なスタイル」をやると決意を持って挑んだ
ザッケローニの代表初戦は腰が引けた球蹴りに終始し、まぁこう
なるな…と思わせる結果に。
メンバー選考のときから引いて守る気などないと意思表明をして
いたので華々しく前のめりでやってくれるのかと期待していたの
にこれではなぁ。

本田のゴラッソで先制したものの主導権は終始コートジボアールが
握っていた。予想以上に相手のフィジカルが強くカウンターが怖く
て高い位置を取れず日本のすべての基盤であるコンパクトな陣形が
作れないのに無理に楔を入れロスト、間延びしているのに無理に繋
ごうとしてロストからのカウンターを喰らう展開で一方的に走らされた。
特に左サイドを徹底的に衝かれ押し込まれ日本の左サイドの攻撃を
無効化されていたのが気になったな。
4年前の代表ならここから割り切って守り切る覚悟も準備もしていたけ
ど今の代表は1点を守り切るスタイルではなくメンバーもいないわけで。

後半修正できればと淡い期待もあったけど長谷部はコンディション上交代
させるしかなかったのかな、代わりに遠藤を入れたのは「攻撃的」な意思
表示なのだろうけど中盤が決壊寸前の状況で遠藤、山口蛍を並べたことで
抑えが利かなくなりドログバがセンターで数枚を引っ張り左サイドでフリー
の状況を作られ高精度クロスを2本入れられ2分で逆転を許すことに。
(なにこのカイザースラウテルンのトラウマ再現は…)


本大会は親善試合とは別物だ。「自分たちのサッカー」とやらは簡単に
やらせてもらえない。ザッケローニが4年間作ってきたスタイルを貫いて
GLを勝ち抜くには先ずピッチ上の代表が勇気を持って前に向かうしかない
んじゃないの?主力の多くは普段から欧州の厳しい環境で揉まれてるんで
しょ?いつもそう言っているじゃん。ここでその成果を見せなくてどうするの?
by caz0322753 | 2014-06-16 20:38 | フットボール | Trackback | Comments(0)
「勇気を持って差し戻します」 だそうです
ええっと、決定的な欠陥が見つかったのでさっきのなしね。

Jリーグ、2ステージ制差し戻し!致命的欠陥を解決出来ず(スポーツ報知)

>「決定的な欠陥。解決策は出せないので、勇気を持って差し戻します」と
>中西大介競技・統括本部長。

決定的な欠陥なので勇気を持って差し戻すってあなた…w

5月の決定を先延ばしして散々検討したんじゃなかったんですか?
それともJリーグの競技を規定する部署の人たちは検討段階でこの
欠陥に気づかなかった??
目先の金にばかり目が行ってしまい肝心な競技規定に「決定的な欠陥」
があることに気づかない人たちが運営しているのがJリーグですw


※追記
重要案件で決定的な見落としはしてもカップファイナルに余計な演出
をねじ込むことには余念がない、それもJリーグの一面なのです。
一体どこを向いた組織なんでしょうね、この人たちは。
by caz0322753 | 2013-10-31 09:27 | フットボール | Trackback | Comments(0)
Jリーグをプレミアに?

2ステージ制の来年からの導入は諦めたようだが次に打ち出して
きた提案は10クラブ程度でプレミアリーグを作ることらしい。

どうやってプレミアリーグ加入クラブを選定するのかまでは
示されてないけど、リーグ全体の価値を高めるのは諦め、なに
かしら価値を見いだせる10クラブで上位リーグを作れば収入が
増える!(かもしれない)程度の底の浅い思いつきだろうよ。
イングランド・プレミアリーグがリーグの価値を高めた理由は
そもそも複数のクラブがフーリガン問題、スタジアムでの事故など
で荒廃したリーグを脱退し新リーグ構想をぶち上げたことが発端。
そして重要だったのは独占放送を条件に巨額の放映権を提示した
テレビ局の存在だ。各クラブは巨額な分配金を資金に大物を獲得し
スタジアムの近代化、フーリガンの排除で環境を整えそれが新たな
観客、大物のプレミアリーグクラブへの加入を促進し更に外国資本
がクラブ経営に参入し巨額の資金で有名選手を集める相乗効果で
リーグ、クラブの価値が文字通り「プレミア」化し世界中に放映権
が売れ更に収入が増加し現在に至ると。

Jリーグが考えているプレミア化はイングランドのそれとは違い
10クラブ限定で価値観を高め収入増を狙う考えのようなのでその
場合残された8クラブは切り捨てるのだろうか?
by caz0322753 | 2013-08-08 22:15 | フットボール | Trackback | Comments(0)
思いつくまま
Jリーグ・ディビジョン1は約1ヶ月のながーい中断なう

本来なら最終予選やコンフェデレーションズカップで代表の試合を
楽しめるはずだったのにJリーグが満を持して「提案」をしてきた
J1の2ステージ制移行の話題で心乱れる日々。
5月の報道では6月11日に開かれるJリーグの会合で承認される見込み
と鮮やかな速攻にDFは棒立ちですよ状態だったけど結論は来月の会合
へ持越しとなった。

「2ステージ導入による収入増で各クラブへの分配金の増加、優勝争い
が増やされることによりメディア露出が増え興味を持たれることで新規
観客増」 
という夢物語が代理店渾身のプレゼン資料で提案されたんだろうね、
そしてこの夢の提案に賛同するクラブ経営者が結構いるらしいことに
怒りと言うより悲しくなった。フットボールは足と頭という扱いづらい
部位だけを使い点を獲り合うスポーツだ。だからこそ1点が重く喜びも
大きい、勝ち点3はとてつもなく重く喜びも大きい。だからこそ年間
通じて一番勝ち点を得て優勝することは誇らしい、うちらが一番強いんだと。
それをクラブ経営者が否定することがとても悲しい。


一方我が浦和レッズの橋本社長は2ステージ制に反対の立場で意見を
述べたとか。橋本さんは浦和がビジョンを捨て安易な人気取りを選んだ
結果それまで支えてきたサポを沢山失ったことを中西によーく言って聞か
せたらいい。
by caz0322753 | 2013-06-14 09:35 | フットボール | Trackback | Comments(0)
2ステージ制に大半のクラブが賛同??

J1の2ステージ制とCS復活に「大半」のクラブが賛同(スポニチ)
工エエェェ(´д`)ェェエエ工  うっそだろ…

急に浮上したJリーグによる2ステージ制の提案は気がつくとまるで
来年からの移行が既定路線のような流れになっていた。
記事にあるように大半のクラブが賛同しているのが事実だとしたら
ぜひ賛同クラブ名を公表するか各クラブが表明してください、その
連中の名前を記憶に叩き込みますから。
この記事によると浦和レッズは導入に反対とあるので一安心、あんな
理不尽な目に合っていて賛同するわけないよねー

でだ、2ステージ制導入でメディア露出が増える(かもなー)と目論ん
でいるようですが今夜9時のNHKニュースのスポーツコーナーではリーグ
カップ、ACLのことは一切全く全然取り上げてもらえませんでした。
先ずはニュースで取り上げてもらえるよう映像使用料を含め露出機会増加
の努力、工夫をしたらどうなの?
by caz0322753 | 2013-05-22 23:32 | フットボール | Trackback | Comments(0)
退任
ユナイテッドのサー・アレックス・ファーガソンが退任

僕がユナイテッド好きになってからずっとファーガソンが
監督だったので他の監督がユナイテッドを指揮するイメージが
湧かないw

今朝チラッと退任の噂を目にしたなとリンクをクリックしたら事実に
なっていた。
いい潮時なんじゃなかろうか?今季のリーグは無風状態で自身13度目の
タイトルを獲得。でも一番欲しかったUCLでは正直力不足だと思ったし
あのフットボールでは将来は明るくないだろう。
その予兆は少し前からあったしファギーもこのままでいいと思っては
いなかったようで香川の獲得はその表れだったのだろう。
欧州で勝つためにはチームもチーム戦術もサイドアタック偏重の
スタイルからアップデートする必要があると感じていたのかもなぁ、
それには自ら手を下すより後任に託すと。

で、早速後任候補が数人出ているようでモウリーニョやモイーズ、
さらにクロップ、クラブOBではスールシャールの名前も候補に挙がって
いるけど後任はもう決まっているんじゃないかな。ユナイテッドほどの
クラブは1年目であろうとUCL出場圏は最低限のタスク、その重圧に
耐えながらスタイルの転換を図るのかそれともあのヒトを起用しリアリズム
に徹するのか?発表が楽しみ。
by caz0322753 | 2013-05-08 22:49 | フットボール | Trackback | Comments(0)
無題
ピッチがデコボコでした、レーザー攻撃をうけました、
時計がありませんでした…
メディアが言い訳がましい弁護をする意味が分らない。
日本がAFCに所属する限り未開国でのプレーは免れない、ACL
ならさらに酷い条件の場所だってあるだろ。


これがワールドカップの最終予選なんだろうね、埼スタの試合
はどれもまるでお祭りのように浮かれた試合ばかりでいまいち
実感が湧かなかったけど。
そんな自分も『この時期に決まるのは早すぎだよなぁ』と呑気に
考えながら観戦していましたが…
そして半分で寝落ちしたカナダ戦から本番になったのに張りつめた
様子がないなぁと決定機で決めきれない様子をそれでもまだ余裕を
持って眺めていた。そんな中、ヨルダンは前半終了直前にCKから
先制と理想的な流れを作り前掛かりになりカバーがお留守になった
日本の最終ラインをぶった切って目を覆うようなカウンターを見せ
つけたと。

なんだか敗因が吉田麻也の対応だけになっていることに疑問が。
勿論1対1での対応に問題があったのは間違いないけど左SBの酒井
のロストから周りのカバーに至るまであのシーンはお粗末な対応
が重なったと思った。ロストした位置は敵陣しかもサイドだった
のに攻守の切り替えの遅さでサイドに追い込みセンターをカバー
する時間を稼ぐことが出来なかった。酒井は吉田麻也に受け渡した
ら脚を緩めることなくセンターのカバーをするべきだったのでは?


まぁヨルダンはサイドはスカスカだし組織的なプレスも出来ず
負けるのが難しいような相手だったけどフットボールは決めるとき
に決めきれないと事故のような失点から自滅することはあるわけで。
by caz0322753 | 2013-03-28 20:32 | フットボール | Trackback | Comments(0)
親善試合 ブラジル戦
今野か吉田麻也の試合後コメントに中盤で廻した後に
もっと裏へ飛び出せれば…的な言葉があった。
…寿人はなんのために呼んだの?

前半15分まではブラジルが中盤をルーズにしていたお蔭か
パスを廻せていた。でも日本が自由を与えられたのはそこ
まででバイタルではタイトに守られプレー精度の低さを
狙われ逆に高精度のカウンターを受けるシーンが多かったな。
もう少し1-0で粘れたら更に興味深かったと思うけど早々に
PKで追加点を与えてからはブラジルの余裕のポゼッションと
カウンター狙いでほとんど何も出来なかった。
それにしても最近のブラジルは(ブラジルでさえ)走ること
がベースなんだねぇ。バルセロナやブラジル代表レベルが
あれだけ走ることを要求されるフットボールをしているんだ
もの日本もレッズもまだまだまだまだやっていかないとね。

それでもブラジル相手に委縮せず真っ向からぶち当たった
結果の敗戦なので自分たちのスタイルを捨てながら余裕で
崩され惨敗したのとは違い試合後も悔しさというより
目標は遥か先なんだなーとさっぱりとしたものでした。


今回の欧州での親善試合2試合は日本代表の主力が
欧州へシフトしたメリットを十二分に活かした意義
のあるマッチメイクだったと思う。
なかなか難しいと思うけどこれからは欧州から対戦
相手としてお呼びが掛かるようになるといいな。
by caz0322753 | 2012-10-17 20:57 | フットボール | Trackback | Comments(0)
親善試合 フランス戦@パリの近郊
同じ会場のスタッド・ド・フランスで11年前に0-5で負けた
ことが頻繁に取りざたされているけどこの試合のフランスは
デシャンが立ち上げたばかりでメンバーも若手や初招集組が
多くてまだまだチームになっていない(らしい)
そんなおフランス戦。
スコアレスドローじゃシャレにならんと我を忘れて攻め込む
フランスを嘲笑うかのようなカウンター一閃から香川が
押し込んでエスパーニャ戦を前にサンドニは何ともいえない
空気にw

ザッケローニはそろそろ自分たちの立ち位置を知りたいので
世界レベルの強豪との対戦を求めていたそうでその意味では
ちょっと今のフランス代表は世界の強豪からは少し落ちるレベル
ではあった。
そんなフランスに終始押し込まれ続けていたほぼベストメンバー
の日本代表というのがまぁ世界での立ち位置なんだろうな。
ていうか、両国のキャプテンが共に試合勘のなさを指摘されて
いるのがなんとも…
長谷部は本当にこのままだと代表に留まるのは難しいんじゃ
ないかな?クラブではTMすら出場させてもらえない現状で
いきなりあのハイプレッシャーのフランスとの戦に放り込まれ
立ち位置を露呈してしまってた。
by caz0322753 | 2012-10-13 12:37 | フットボール | Trackback | Comments(0)