カテゴリ:浦和レッズ( 1062 )
富士ゼロックススーパーカップでした

今年初めて動くレッズを見たのだけどキャンプでは相当フィジカルを
追いこむことに注力し実戦はTM1試合だけということは知っていた。
新しいキットに身を包んだレッズ、新加入メンバーがスタメン、サブ
に並ぶのを見て2019シーズンが始まるんだなーと胸躍るようなことも
なくw

織部は手の内を見せなかったというか見せようにも足下が覚束なくて
なにもみせれなかったというか…
シュート1本それも崩したり決定機だったものではなく興梠さん、杉本
の2topは連携がどうの以前にまともにボールが来なくて評価のしようが
ないというねw

フットボールチームって精密機械のようなもので設計図を共有しピッチ
上に11人を正確に組み付けて慣らしてこそ本来の性能、姿になるのだと
思う。
そういう点でXSCは組みつけただけでまだ可動ソフトはインストール中
だしパーツは油がなじんでいないレッズだった。
そう考えてみても仕上がりの良さ気な川崎と比べてあまりにも対照的で
ACL出場シーズンはピーキングを一度開幕直後に設定してグループステー
ジ突破を狙うようなイメージなので1週間後を思うと大丈夫なのか?と
不安を感じてしまったのは否めない。

よかった探しをするしかない試合でしたが試合勘がなくスタメンたち
が夢遊病者のようなレッズの中でマウリシオはスペースに気を配れて
いたし動きが軽そうで順調に仕上げてきた感じ。柴戸はボールを狩れ
る動きに目がいったな、青木の位置で試す価値はあるのでは?
注目の新加入メンバーでは山中がマルティノスの動かし方を知っている
ような…wサイドに張らせるよりコンビネーションで活きるのか??
エヴェウトンは…青木の代役にはなれなさそう。適正ポジションで見て
みないとなんとも。
杉本結構足が速いのね、あまり速く見えないフォームだけどwかなり
長身なので相手のセットプレーではストーンで効きそう。




by caz0322753 | 2019-02-18 10:04 | 浦和レッズ | Trackback | Comments(0)
レッズあれこれ
気がつけばもう年が明けて2週間。

今年も書きたくなったことを気が向いたら更新していく
つもりです。

浦和レッズあれこれ

天皇杯優勝で燃え尽きて心地良い余韻のまま年が変わっていました。
このオフはかなり入替えがあると予想されていたようにズラタンが
契約満了、ローン中だった駒井義成がコンサドーレ札幌へ完全移籍、
同じくローン中だった岡本拓也が湘南ベルマーレへ完全移籍、菊池
大介が柏レイソルへ完全移籍、李忠成が横浜Fマリノスへ完全移籍、
榎本哲也がカターレ富山へ完全移籍、武富孝介が湘南ベルマーレへ
期限付き移籍。
ローン継続の伊藤涼太郎、オナイウ阿道は二名ともJ1昇格した大分
トリニータへローン。
昨シーズンレノファ山口で22得点をマークしたアドはJ1でそこそこ
点が取れるようなら来年はレッズでプレーさせたいね。クラブもその
つもりでJ2ではなくJ1でプレーさせることにしたのだろうね。
伊藤君はここで試合に出て経験を積むことが東京五輪代表へと繋がる
はず。

来るひと
杉本健勇(26)がセレッソ大阪から完全移籍、汰木康也(23)が
モンテディオ山形から完全移籍、鈴木大輔(28)が柏レイソルから
完全移籍、山中亮輔(25)が横浜Fマリノスから完全移籍。
エヴェルトン(26)がFCポルトから期限付き移籍。
最近はポルトガルのポルティモネンセで強化を担当しているポンテ
駐在員から良質な外国人が送られてくるのは大きい。
口の悪い人はロビー頼みでフロントは外国人獲得のコネクションが
ないなどと批判するけどロビーも立派なコネクションなんですが…w

ミシャ式のため集められたメンバーを堀さんの4-3-3仕様に更新する
のに失敗したツケで歪な戦力になっていた2018シーズンは織部が再建
に取り組もうにも駒不足に陥ったわけですが懸案だったCB、SBは鈴木
大輔、山中亮輔と文字通り主力を引き抜くことに成功、特に望外だった
左SBの山中の補強にかなり安堵。柏木が抜けると心許ない攻撃面の軸
にエヴェルトンが加入しここもまぁ一安心。
この戦力を織部がどうアレンジするのか楽しみになってきました。

今週には新加入選手の会見、2019仕様のキット発表と一気に新シーズン
モードに。




by caz0322753 | 2019-01-14 18:28 | 浦和レッズ | Trackback | Comments(0)
第98回天皇杯決勝(ミッションコンプリート
12年ぶりに天皇杯を戴冠!来年のアジアチャンピオンズリーグに
ストレートイン決定!なんだこのオリヴェイラの完璧に仕事を成し
遂げた感…
恐れ入りましたとひれ伏したい気分。

来年のACL出場は目標としては掲げるだろうけどチーム状態を思え
ばかなり厳しと思っていました。
え??と思ったのは天皇杯3回戦の松本山雅戦でWカップから帰国し
たばかりの槙野と遠藤がスタメンにいたこと。そんな無茶をさせた
のはこの起用でチームに俺は本気だと示したんだろうか。
a0005688_18220967.jpg
5日のaway鹿島は事実上の決勝で文字通り死力を尽くした血戰だった。
フットボールというより肉弾戦、負傷交代した興梠、武藤、青木だけ
じゃなく多くの選手が出し尽くしてしまっていたのは決勝のレッズを
見たらすぐ分った。
試合を通じても決定機はウガのゴラッソと興梠さんのサイドネットの
外側だったシーンくらい?
試合後に青木は左腕を剥離骨折しているそうで満足な動きが出来る状態
ではなかったと、柏木が後半早々交代した理由も腿の違和感を押して
の出場だったと。そりゃ中盤を捨てて蹴るしかないよなぁ。
2topの二人も全然普段のようなプレーは出来ずもどかしかっただろうし
ストレスを抱えるゲームだったと思う。
それでも幸い早い時間帯で先制出来たことでチームとして割り切って
ACL出場のためもう一度死力を尽くして戦ってくれているのが伝わって
きた。
a0005688_18230356.jpg
ウガのゴラッソは枠を捉えたことが全てなんだけどウガがコメントした
ように練習からゾーンで守る仙台のセットプレーの守備の隙を衝くこと
狙って生まれたゲット。
セットプレーの重要性はWカップでも示されていた、守備戦術が高度化
していくモダンなフットボールではセットプレーのデザインはより重要
になっていく。柏木は今季セットプレーで9アシスト(本人談)。
この数字は偶々そうなったのではないんだろうね。


仙台は渡邊監督が就任して5年になるのかな?徐々にチームスタイルを
転換しかなりモダンスタイルになったね。
バックアッパーからの観戦だったのでシステマティックなパスワーク
がよく見れた。ただバイタルまで綺麗に繋ぐことは出来ても昨日のよう
にレベルが高い相手にセンターをブロックで固められたときにこじ開け
るミシャ時代のレッズのような崩しのパターンはなくてこれならいくら
持たれてもこちらが集中を切らさない限り決壊することはないなと思い
ながら見ていた。


※一言いいたい。
今年の天皇杯決勝会場を埼玉スタジアムに決めたのは日本サッカー協会。
浦和レッズサポーターは会場がどこだろうとホームのような雰囲気を作る
ため動く。どこで決勝をやろうが中立地にはさせないだろう。


by caz0322753 | 2018-12-10 18:54 | 浦和レッズ | Trackback | Comments(0)
天皇杯準決勝 鹿島戦
チームが天皇杯を獲りACLストレートインを目指すとはっきりと
示したリーグ最終戦はいつものように『どうしてもエフシー東京に
勝ってしまう!』に相応しい謎の勝利だった。
これが鹿島だったら間違いなく大量失点していただろう勝利が逆に
水曜日への不安材料だったのだけど…

最終節の試合後、オリヴェイラが準決勝前日練習を完全公開するから
大原に来て欲しいと異例の呼びかけをした。
「決戦」チームだけではなくサポも一丸になって挑まないと勝てない、
織部は力を貸して欲しいとサポに歩み寄ることで浦和レッズの意思統一
を図ったんだろうね。
そのままの気勢を挙げて乗りこんだaway鹿島でのレッズは土曜日に
見たチームとは全然見違えた。
サイドスタンドはロッソ、ビアンコ、ネロに染め上げられ一つの有機
体のようにうねり声を上げチームを後押ししていた、それに呼応する
かのように球際の厳しさ、体を張った守備、思い通りにゲームを支配
出来ず焦りや動揺が出てもおかしくない展開で冷静に状況を把握し三人
が負傷交代する難しい展開で先制した1点を最後まで守り切った勝利。
なんかこの1勝は来年のレッズにとってすごく大きな意味を持つよう
な気がする。

さあ、次は決勝。1年前アジアを獲った埼スタでアジアへの扉を再び
自力で開きたいね。




by caz0322753 | 2018-12-06 23:39 | 浦和レッズ | Trackback | Comments(0)
ヒラが引退ですか…
平川忠亮選手が引退すると公式アナウンスが出ました。

浦和レッズ一筋で長い現役生活を終えるプレーヤーは多くありません。
補強で他クラブの主力それも代表クラスが加入することが多いレッズ
でプレーし続けることがどれほどのことか。


ヒラが加入した2002年は坪井、ホリ、長谷部とその後レッズを支える
ことになる新人が多かった。
丁度オフトが監督に就任しレッズが変革を迎えるタイミングで加入した
ヒラは慣れない左サイドで起用されポジション遵守、追い越し禁止など
オフトがその後の躍進のベースを植え付ける過程を経験した選手。

ヒラについてはベテランなのに試合出場機会に恵まれなくても普段の練習
から腐らず黙々とトレーニングに臨む姿に多くの所属選手たちが尊敬の念
を抱いているそうで柏木もその一人。
近年は出場機会に恵まれなくてもここぞという試合で起用されるときっちり
とタスクを果たす姿が頼もしかった。今年も堀さんが解任され厳しかった
とき大槻さんが仙台戦で起用して1-0の勝利に貢献していた。

ヒラで一番思い出深いのは2007年のACL準決勝城南戦のPKかなぁ。
僕は5人目でヒラがペナルティスポットに向かうのを見て正直ヒラでいいの
か?と不安だったのだけど見事に決めてくれたあのシーンは今でもはっきり
と脳内で再現できますw

これでついに2006年のリーグ優勝を知るプレーヤーがいなくなった。
レッズが獲得したすべてのタイトルを知るヒラ、今まで本当にお疲れさま
でした、そしてありがとうね。



by caz0322753 | 2018-11-26 23:11 | 浦和レッズ | Trackback | Comments(0)
残留確定
32節札幌に勝ちこれで勝ち点が48になり数字上入れ替え戦に回る
可能性が消え浦和レッズのJ1残留が確定。
今年は残留争いがとてもハイレベルで僕が例年残留の目安にして
いる38点に到達した後も全然安心できない混戦でした。

試合以外で印象的だったのは試合後のオリヴェイラ、ミシャ両監督
のコメント。
配信でずいぶん長々と話し込んでいる様子が見れてなにを話している
のか気になっていたんだけど会見ではミシャが残したレッズに継続性
を持たせている、そのことに誇りを感じていると。
オリヴェイラと言えば4バックなのはご本人が公言している通り。
レッズでもワールドカップ中断期でシステムを変えるんだろうなぁと
予想していたのに反し今でも3バックは維持しつつそこに3枚のCMFと
FWを2topに変更するビッグマイナーチェンジに留めた。
加入即結果を出していたファブリシオの故障離脱で心配だった得点力
はシステム変更で生き返った武藤がトップフォームに。
自分の好みや理想はそれとして今年のレッズをなんとか見栄えのいい
程度に維持するにはミシャ式の遺産を活かした方が得策だと判断した
のだろう。

…返す返すなぜ堀さんは?と思ってしまう。今さらだけど…

by caz0322753 | 2018-11-12 18:45 | 浦和レッズ | Trackback | Comments(0)
秋の鹿狩り
…なんで試合中と帰るときだけ大雨なん?

面白いように決定機を作りながら決めきれず一発喰らうと正気を
失い自爆スイッチを押すのがここ数年のレッズだった。
どこに出しても恥ずかしくない攻撃的フットボールが出来るのに
ナイーブすぎて脆い…この試合もたった一度の機会で先制を許し
鹿島の勝ちパターンにされてもおかしくない展開だった。逆転
されてからギアを上げてきた鹿島の攻撃を耐え凌いでATの埼スタ
をカタルシスに陥れた武藤の一撃はレッズが生まれ変わったんだ
なーと思わせる伝説レベルのカウンターだったね。

立ち上がりからレッズは何度も決定機を作る、それは過去数年
見慣れたパスワークとフリックを織り交ぜた理詰めの崩しとは
違う横から縦へ意識レベルから作り直している織部のレッズの
攻撃スタイル。
武藤のゴラッソはミシャが覚醒させたフィニッシャーとしての
能力の高さだけでなく『振り抜け』と意識付けされた結果が
もたらしたんじゃないかな…
長年叩き込まれた綺麗に崩し切ることの快感は忘れがたくバイタル
でショートパスとフリックがしたいのに全然合わずロストする
未練タラタラなシーンを何度も見せられていたけどようやくピッチ上
の意識が織部のレッズとして出来つつあるように思えた。

試合前日の朝、社長を筆頭に浦和界隈でチラシ配りをしている
とSNSで知り鹿島が相手でもあまり売れていないのかな?と少し
心配したけどふたを開けてみれば 46,893人と最近ではかなり
雰囲気があった埼スタでこんな痛快な試合が出来たのも期待して
は失望の繰り返しだった頃を思えばいい感じでは?



by caz0322753 | 2018-10-21 10:44 | 浦和レッズ | Trackback | Comments(0)
神戸戦で
神戸戦で入場するときに受け取ったパッケージを帰宅後開けてみたら
「レッズとスタジアムの記憶」と書かれた小冊子があった。
a0005688_22250933.jpg
パラパラとめくると過去のビジュアル集のようで埼スタで見たりこの
ビジュアルの一人だったんだなぁと色々思い出した。
そう浦和レッズでは一般的にコレオグラフィ、コレオと称される応援
のことを「ビジュアル」と呼ぶんだよね。ビッグフラッグは「デカ旗」
と。
この文章を書いた人は良く分かっているじゃんと冊子を全部読み終え
奥付を確認して納得。MDPでお馴染みの清尾さんでした。

13年のリーグカップファイナルでJリーグが国立のバックスタンド
にコレオグラフィを描こうと企画したことがあった。
浦和レッズサポはビジュアルをスタジアムの観客やテレビ中継のため
掲示してるわけではなくチームを勝たせる手段としてだけやっている。
(これは他クラブサポも同様だと思う)
Jリーグがそのことを知らず見世物の一部としてレッズサポを利用しよう
としたため見るも無残なものがテレビに映ることになったとさ。

by caz0322753 | 2018-09-26 22:28 | 浦和レッズ | Trackback | Comments(0)
川崎戦@埼スタ

少ないチャンスを確実に決め耐えに耐え最後にカウンターから
とどめのPKで2-0の勝利。
西川くんの神セーブで救われたのは橋岡君だけでなくチーム。
オリヴェイラが5バックで臨むと決めた時点で守り勝つプランは
出来ていたわけで織部にしてみれば快心の勝利だったのでは?
勿論ピッチ上ではスコーンと裏を取られ決定機を作られたり小林
悠の不調に助けられたりで完璧だったわけではありませんがそこ
はエースの差、興梠さんの驚異の決定率で岩波がポカーンと裏に蹴っ
たボールが川崎DFのギャップを衝いた武藤に繋がりグラウンダー
のクロスを柔らかいタッチで浮かせるとGKはノーチャンスでゴール
に吸い込まれるボールを見送るだけ。
通算130得点、13年にレッズに移籍して以来積み重ねた得点は69(!)

中断明け以降チームが上昇傾向の中得点に絡むプレーが増えてきた
のが武藤。中断前は前線は武藤の運動量頼みでチームへの貢献度は
高いけど本来の持ち味を出せないタスクをこなすのが精一杯だった
のが最近はファブリシオという相方wの登場でよりゴールに近い位置
で前を向きボールを触るシーンが増えていて広島戦に続き流れの中で
アシストを記録。ミシャ式からようやく脱却出来たかな…?

これで対川崎シーズンダブル達成。
DAZNの見逃し再生を見ていたらスタンドにナバウトの姿が…



by caz0322753 | 2018-08-02 22:40 | 浦和レッズ | Trackback | Comments(0)
away セレッソ大阪戦
若いっていいなぁ。

プレーヤーが伸びる過程を見守れるのはクラブサポの楽しみの
一つですがユースから昇格しここまでわずか5か月で3人(!)
の監督から変わらぬ信頼を得ている橋岡君はまさに伸び盛り。
もちろん課題は色々あるけど中3日の過密日程だろうが最後の
一歩まで走り切るという気概はなにより大切。
昨日のラストプレーには心打たれました。
(もう一歩も動けないくらい使い切ってた)
DFはミスをしながらその経験を糧に成長するポジション(今は
DFではないけど)だそうだしJ1で毎試合国内トップレベルの
サイドアタッカーたちとマッチアップすることの相乗効果は計り
知れない。
そして前節に続き荻原君もサブとしてオリヴェイラの信頼を勝ち
得つつある感じ。序列はウガ、菊池だったのに中断期を経て2番手
に上がっている。昨日は一度決定機があったけど右で撃つことに
躊躇いがあったのかな?

立ち上がりのウガのぼやっとしたプレーでチーム全体が浮ついた
というか3バックの両サイド裏へロングボールを放り込まれ5バック
にされてしまい中盤が薄くなり序盤は完全に相手のペース。
混乱の中から左CKのこぼれ球を高木俊幸に押し込まれあっさり先制
を許す…元所属相手では喜びを押し殺すいい子ちゃんアピールが流行
りなのにあのはしゃぎっぷりはw
焦ることなくバランスを修正し持ち直したのでゲームが壊れることは
なかったけど去年の長居の再現か…と悪夢がよぎる前半でした。
オリヴェイラのレッズはハイプレスより引いて構えポジショニングで
ボールサイドを追い込むやり方をしたいようで見ていてちょっと焦れ
ることがあるけどむやみにボールホルダーにアタックし外され消耗す
るよりはスマートな守備戦術なのかも。
前節もそうだったようにこの試合も先に足が止まったのは相手でレッズ
は序盤の70分で決まりごとのように運動量が落ちて防戦一方になって
いたのがウソのようにこの猛暑の中走り切れていたのはオリヴェイラの
レッズになってまず改善された点。

新加入のファブリシオは鹿島時代の印象が全然なくて初見のようなもの
でしたがサボることなく走るしプレスバックも怠らない。
真面目そうでいいんじゃないですか?
まぁラファのように展開に関係なく決めるタイプではないのは確か。


by caz0322753 | 2018-07-23 22:17 | 浦和レッズ | Trackback | Comments(0)