カテゴリ:日本代表( 25 )
5大会連続
祝・ワールドカップブラジル大会出場決定
ホームで出場を決めれるかもしれない試合できっちり出場を決めれ
るくらいに日本のフットボールは進歩したんだなぁと。

このフットボールが日常として定着していない日本でフットボール
が生き残っていくためにはワールドカップに出場することがなにより
大切だと思っているので出場が決まって本当にほっとした。



入りからオーストラリアが慎重に様子見どころか一気にプッシュして
きたけど混乱することなく対応
オジェックはトップのケーヒルに当てること、日本の高いラインの
裏を衝くことを徹底していた

ザッケローニが弄らなくていい状況で最終ラインを弄りクロスの上げ
損ないを川島がばんざーいしてゴールという締まりのないグダグダな
流れで失点。ザッケローニはドローでいいのになにをしたかったのだろう?
しかも失点後パワープレーでは武器にならないマイクを投入w
デカくてアジリティを欠くオージーにはドリブルで打開できるジョーカー
不在が残念だったというかザッケローニは個で打開出来る適任者がいる
けど選んでないもんなw

結果として出場権を得られたから良かったものの日本は色々と課題
が露呈しているよなぁ。アジアカップの劇的な勝ち上がり方がピーク
で戦術は本田頼み、せっかく香川がいるのにそれを活かすようなカタチ
は本田がいないと作れないとかもうね…
[PR]
by caz0322753 | 2013-06-04 23:32 | 日本代表 | Trackback | Comments(0)
旅のはじまり@埼スタ
代表戦に行ってきました。

ワールドカップ地区予選の初戦らしい難しさというか
フレンドリーマッチとは違うこれが本当の戦いなんだと
思わせる試合だった。

a0005688_1224138.jpg

バック全体を使ったビジュアルは…??

柏木がトップ下でスタメン、元気もサブにいると知り結構
ドキドキしながら埼スタへ。普段とは明らかに違う客層に囲まれ
青い#17のレプが目立つ埼スタは不思議な感じがした。
柏木が浦和と同じ8番なのがちょっとうれしかったりw

終始圧倒しながら北ゴールのバーとGKの神憑りなセーブで
北朝鮮のプランどおりに試合を閉じられてしまうのかーと
覚悟し始めた93分過ぎ、清武が右サイドから上げたクロスを
吉田麻也がヘッドで合わせ起死回生のゲット。
そこまでの数分間スタジアムに溜まりに溜まっていた思いが
すべて詰まったかのようなキレイな完璧なゲットでついに
日本がゴールをこじ開けて先制。

結果としては内容で圧倒しながらロスタイムになんとか
勝ち点3を得るという苦戦になってしまったけどワールドカップ
予選は結果がすべて。ここまで出来過ぎなくらい上手く回って
いたザッケローニの日本代表が本田というシステムの要を失くし
た状態で苦しみながら初戦を勝ち切ったのは大きいと思う。
a0005688_13442742.jpg

初めて代表ユニの長谷部誠を見たのだけど後半に見せた攻撃への
スイッチを自ら入れる持ち上がりやライン際を強引に突破する姿は
プレーで示すキャプテンシーを十分感じられて嬉しかったな。
[PR]
by caz0322753 | 2011-09-03 13:55 | 日本代表 | Trackback | Comments(0)
日本代表・南アフリカ編はGood End
BEST8に進んでいたらどんな世界が見えたんだろう。
そこは目の前のどんな相手からでもゴールを奪える術を
持つ国だけが踏み込むことを許される世界なのかもしれない。

今出来ることを見極め割り切って本大会に挑んだ岡田監督の
決断が流れを変えた。そしてチームになっていないなんて
知ったようなことを言ってしまったけど、この日本代表は
本当にいいチームだった。1つの方向をベンチも含め全員で
向いていたことは最後のみんなの表情を見れば分かる。
開幕前、さすがに「負けろ」なんて思っていなかったけど、
勝点さえ持って帰れたらいいかなくらいに考えていたのに
短期間でどんどんチームとしてまとまっていき、気がつけば
すごい世界に手が届きそうな場所に到達してた。
いや決勝トーナメントに日本の名前があるだけで偉業なのだけど・・・

世間ではこの2週間ですっかり空気が一変し異様な盛り上がり方
になり「感動をありがとう」でGood Endのような空気になっている。
でもやっぱりこの程度のレベルのリアリズムではこの先の世界を
見ることは出来ないと思うしここはエンディングではないわけで。


日本が目指すのはこんなGOOD ENDではなくTRUE ENDだ。
[PR]
by caz0322753 | 2010-06-30 22:22 | 日本代表 | Trackback | Comments(0)
幸せな一日
今日は一日ニヤニヤが止まらない日だったなー
(もちろん心の中でですがw)
さっきまでBS1の録画中継を見てまたニヤニヤ。

日本代表すごい、本当にすごい。
おめでとう ありがとう 
ついに立ちはだかっていた世界の扉を自分達で開いたんだ、
これは歴史的偉業、間違いなく偉業。

ワールドカップで勝つことグループリーグを勝ち抜ける
ことがこれほど日本中に幸福感をもたらすのだから
やっぱりフットボールの持つ力って凄いなぁ・・・
「世界を驚かす」という言葉は嘘じゃなかった。
[PR]
by caz0322753 | 2010-06-25 22:13 | 日本代表 | Trackback | Comments(0)
グループステージ・オランダ戦終了
負けたけどゲームを壊さず0-1というスコアで終えたのは悪くない。
悪くはないのだけど「列強」との対戦での0と1の間の距離は
まだまだ遠いんだな。
もう少しオランダを本気にさせたかったけど先制されたら
明らかに流しモードであしらわれてカウンターで決定機を作られ
てしまった。こういうゲーム運びが出来るのが本当のフットボール
強国なんだろう。

オランダは特に怖さを感じることもなくボールを廻されていても
前を向かせない守備をしていればカイトもファンペルシにも
対応出来ていた。オランダらしく崩された場面ってあったかな?


とはいっても3戦目に大きな希望を抱いたままでいられるので
落胆することもないわけで、ベントナー師匠率いるデンマークを
南アフリカのナントカスタジアムに沈めて勝ち上がるのは俺たち日本だ。
[PR]
by caz0322753 | 2010-06-20 01:32 | 日本代表 | Trackback | Comments(0)
蹴球日本代表は傾向最黒
日本代表が国立で韓国に無残な惨敗。
この雰囲気は96年のアジアカップ後のように思えてならない。
あの時は加茂じゃぱんの弱点が露呈しそれを修正出来ない
監督に不安を覚えた。当時のメディアはまだまともで内容の乏しさを
杞憂していた記憶がある。
しかし当時の長沼会長は加茂監督と心中するような発言をしながら
結果はご覧のとおり。

悩ましいのはここで岡田監督を解任しても気分が変わるくらいで
チーム力に劇的変化は期待できないこと。テストマッチも
残り僅かだしリーグが開幕すれば新監督の下での長期合宿も不可能、
つまりなにもかも手遅れ。
そもそも老害・川渕の野郎がオシムさんの後任にリアリスト・岡田を
指名したことが間違いだったわけで・・・
犬飼会長も浦和の監督にクレームをつける暇があったらてめぇの
仕事を全うしろってこった。3年計画の途中で内容が面白くないと
オフトを切ったあなたが今の岡田監督をリスクを恐れて更迭しない
ことはらしくないというか人が変わってしまったのかな。
とにかく浦和レッズのことはもう放っておいてください、お願いします。
[PR]
by caz0322753 | 2010-02-15 22:52 | 日本代表 | Trackback | Comments(0)
最終予選@バーレーン
とりあえず過酷な中東awayで勝点3ゲット。
楽勝ムードにならなくてよかった・・・と思うしかないかな。

達也がついにフル代表の最終予選のピッチに立った。
これだけで泣けてきそうだったな。
暑さの中最後まで走りきってチェイスし続けて役割は
こなせてたと思う。

最後、3点目を取ったことで緩んだね、これはありがちなこと
なのだと思うけど緊張感が緩んだ時間に連続失点。
選手コメントにあったけど交代出場のメンバーがもう少し
仕事を自覚してボールを追わないと。フル出場組の負担を減らす
役割は殆ど出来ていなかったのが気になった。
[PR]
by caz0322753 | 2008-09-07 11:00 | 日本代表 | Trackback(1) | Comments(0)
最終予選へ
明日はいよいよアレです。

最近は 代表なんて興味ねぇw と声高に主張するのがトレンド
らしけど最終予選なら話は別だ。
ワールドカップ出場なんて生きてる間はムリムリムリムリカタツムリよ と諦めて
いた世代なのでワールドカップには石にかじりついてでも出場し続けて
欲しいと思っている。
それが例え夢も希望もない岡田監督のチームだとしても。

この国でのフットボールの地位なんてまだまだあやふやなもので、
野球大好きなメディアは足を引っ張ろうと手ぐすね引いているのが現実。
ヤツらはいまだに野球さえあればいいと思っている。オリンピックを見れば
世界には面白い競技がたくさんあるのにコイツラの活動のせいで日本人は
ずーっと野球だけ見せ付けられてきた。ほんとに害悪以外の何者でもないね。

だからこそ蹴球日本代表は結果を出し続けないとただでさえ不人気だと
印象操作され続けているJリーグにとどめを刺す絶好の機会にされてしまう
危機感があるのだけど。
[PR]
by caz0322753 | 2008-09-05 23:13 | 日本代表 | Trackback | Comments(0)
零八式日本代表が始動してた
この時期に代表発表??と思いっきりボケたことを思っていたのだけど
土曜にゲームがあるから合宿してたのか!とさらにボケたことを書いてみる。
しかしオフ明け、この寒い時期に代表で始動というのもWカップ予選があるとは
いえ厳しい。

啓太や阿部など浦和組はオフでどれだけ心身の疲労が取れたかちょっと
心配ではある。リーグ終盤は見てるのもいたたまれないほどだったからねぇ。
それ以外のメンバーはサプライズもなく、まずはオシム時代を踏襲した
感じ。

そんなことより大木さんが正式にコーチに就任したことに注目したい。
岡田さんは札幌、横浜の監督時代、相手の弱点をつくことには長けていたけど
自分から仕掛ける引き出しの数は少ない記憶がある。
またリアリズムに徹した采配しかしないのだろうなと思っていたら大木さんを
起用したことでこれまでとは違うフットボールを志向する意思があることが
判ったことで代表を見る楽しみというか少し希望はあるかもという気になった。


で、どこと試合すんの?
[PR]
by caz0322753 | 2008-01-24 00:34 | 日本代表 | Trackback | Comments(0)
アジアカップ サウジアラビア戦

熱帯での連戦、ポゼッション重視で運動量を求めるオシムさんのフットボールと
熱帯の相性はサイアクだということ。
まあ運動量については熱帯仕様の人よりボールの運動量を増やす形だったけど。
サウジアラビアは攻撃を強力な2topに任せてカウンター狙い、いかにも中東の
伝統的なフットボールだった。しかしサウジはすっかり世代交代したね。
あのFWは強烈だった、あのスピードは本職のDFでも対応は難しいよ。
一方の日本はポゼッションしながら崩すという点では今大会を通じてある程度
出来ていたと思う。

日本の課題はポゼッション重視でパス廻しに時間が掛かるとそこから局面を
打開するための個人技のなさ。せっかくいいフリーキッカーを揃えていても
ペナ近くでファウルが余り取れないのも仕掛けが少ないせい。
それとフィニッシュに対する勇気不足かなぁ。
ポゼッションしながらスペースをみつけサイドチェンジを入れながら
サイドからのクロス・・・ここまではいいのにクロスの精度、突破する仕掛け
不足で何度もチャンスを潰してしまうのは本当に勿体なかった。
左サイドにアレがいたらと何度思ったことか。

阿部を叩いている代表ふぁんに言いたいのは阿部勇樹はCBではないということだ。
Jではそこそここなしているとはいえサウジの9番のようなスピード系に対応できる
ほどの守備力を本来DMFの彼に求めるのは酷というよりそこに起用せざるを得ない
代表の現状を見れてない。
ま、御目が高い代表ふぁんさまは後ろに1列いるMFとCBの守備の違いなんて
当然理解していると思いますがw
選手はゲームの中のデジタルなデータではありません、疲労の蓄積や
怪我で痛んでいる選手を「使えねぇ」の一言で切れるって凄いね。

ただ、なぜオシムさんが高速FWに対して坪井を使わなかったのかという疑問は
残るな、坪井なら止めれないにしてもディレイやコースを切る動きに本職ならでは
のスキルはあるのだし・・・まだ状態が良くないのかな。

負け惜しみもこめて書くなら、結果だけ出して内容は酷かった前回大会がその後の
ジーコ続投の免罪符になってしまったことを思い出せば課題を見つけ反省する
時間があるのはいいこと・・・だ。
でもやっぱりコンフェデに出れないのは痛いなあorz
[PR]
by caz0322753 | 2007-07-26 11:52 | 日本代表 | Trackback(1) | Comments(0)