カテゴリ:つぶやき( 215 )
all or nothing
祝 日本代表ベスト16進出

今大会でポッド4からノックアウトステージへ進出出来た国は日本だけ。
本大会前の解任騒動からこの結果を予想するのはロジカルな思考では
不可能だったと思われ。

セネガルと真っ向勝負をし2度のビハインドを追いついた戦いは大会
屈指の好ゲームと高評価されてた。
一方で引き分け以上ならGS突破が確定したポーランド戦は最後10分
間の過ごし方を巡り世界中で相当叩かれているそうで。
まぁそんな部外者がほざいているスポーツマンシップだのエンタメ性
だのは気にすることないのです、特に美しく敗退した(失笑)どこぞ
の半島の妬みなんかはねw
ワールドカップなど代表の公式戦は結果を出すことが最優先。スペク
タクルで楽しいゲームが見たいならキリンチャレンジだので噛ませ犬
相手に好きなだけやればいい。

ただね、ロシア大会の準備段階を通じて日本がしてきたことは賭博で
ロジックが一切ない。犀を振ってたまたま当たっただけ。
3分でPKを得て一人少なくなった初戦のコロンビア戦、コロンビアが
失点しないことに賭けた3戦目、どちらも事前に入念に準備して実現
可能なことではないですよね。
もしコロンビアが最後の1分で失点したら9分間パス回しをしていた日本
は自ら勝ち上がる時間を捨てたことになったわけで…
賭けに負けていたら?今頃西野さんは日本に帰れないくらい袋叩きに
遭っていたかも。
それくらい危険な賭けをした結果のベスト16進出が今後日本の強化
の何の役に立つのか僕にはまったくわかりませんがとりあえず次は
思い残すことなくやり切って欲しいですね。





[PR]
by caz0322753 | 2018-06-30 11:40 | つぶやき | Trackback | Comments(0)
insanity
ワールドカップ本大会登録メンバーが発表されました。

浦和からは槙野智章、遠藤航の二名が選出。
浦和で育った原口元気、長谷部誠も。

改めてメンバーを確認すると4年前の亡霊というか『俺たちのサッカー』
よもう一度という浪漫溢れる人選DEATHネ。
田嶋会長がハリルホジッチを切り『俺たちのサッカー』のリベンジを叶
えさせてあげるために用意したその他約20名の心情を思うと居たたまれ
ない気持ちになります。
それもこれもブラジル大会で勝ち点1に終わったことを受け止め切れな
かった、反省したつもりで日本は弱者の前提でワールドカップ本大会で
勝ち負けできるチームを目指したのに最終局面になり新しく就任した田嶋
会長は全部ひっくり返し燻っていた俺たちのサッカーを蘇らせてしまった。

本当なら大会直前で楽しみな時期なのに自分でも驚くくらい醒めていて。
更に鬱なのは大会後の話。田嶋会長は次期監督の人選に日本人を選びた
そうに感じるのだけどそもそもこんな理不尽がまかり通るフットボール
未開国の代表監督になろう思うまともな外国人指導者はいませんよ…w


それでも元気がピッチに立つ姿を見たら泣けるんだろうな…

[PR]
by caz0322753 | 2018-06-01 10:21 | つぶやき | Trackback | Comments(0)
浮かれた話
ゴールデンウィークですが。ゴールデンカムイ面白いですね。
(なんのことだ?)

卓球の世界選手権女子団体で大韓民国と朝鮮民主主義人民共和国
が突然準々決勝の対戦をやめ南北合同チームを結成したいと申し
出て国際卓球連盟がその希望を素晴らしいことだと認め準々決勝
はとりやめ南北朝鮮合同チームが日本と準決勝を戦いました。

先月28日、南北朝鮮首脳会談が開催され朝鮮半島の融和ムードが
急速に高まっています。
日本のメディアや文化人の中にはこれで半島の危機は脱し平和的
に解決されると浮かれつつ日本は蚊帳の外だと腐していますが
本当に朝鮮半島問題は解決に向かうのでしょうか?

韓国が恐れているのはこのまま米朝が対立を激化させ武力衝突に
自国が巻き込まれること。
恐らく韓国はトランプ政権から米国の危機が現実味を帯びたら自衛
のため武力行使すると通告された。それを阻止するため北を話し合い
の場に引きずり出すことに手を尽くしてきた。
北朝鮮のピョンチャン五輪参加は突如決定したわけではなく水面下
で韓国が打診していたという話もあります。
韓国主導の融和ムードは北朝鮮にとって願ってもないモラトリアム
であり北は融和ムードを利用し経済制裁緩和を狙っている。
金正恩は朝鮮半島の非核化が目標だと話していましたが北の核兵器
や弾道ミサイルを廃棄が目標とは一言も触れていません。
両首脳のあのドン引きするくらいの友好的態度は演技過剰でこの会談
が南北の利害が一致した茶番なんだなーと確信させます。

韓国は南北会談で北が核兵器を廃棄するとは思っていないし朝鮮戦争
を終結させることが出来るとも思っていない。
日本から見ると北に媚び過ぎに思える南北会談も自国防衛のための
自衛手段で国際社会に南北融和ムードを示すことが重要でアメリカの
武力行使を牽制している。
今回の卓球もその一環でもしかしたらフットボールでもこうした斜め上
の思考で南北合同チームをロシアに派遣しようと画策しているかも…
[PR]
by caz0322753 | 2018-05-04 23:02 | つぶやき | Trackback | Comments(0)
『逆に今しかない』(なにが?
代表のハリルホジッチ監督が解任されました。

本大会2か月前に積み上げてきたものを全部捨て”選手の意を汲み”
監督を解任するという暴挙愚挙が今後世界から見た日本のフット
ボール界にどう影響するのか想像するだけで萎えますが昨夜の
ニュース報道を眺めていて好意的なコメントを吐く元代表選手たち
を見るに日本のフットボール文化は未だ未開国並みなんだなwと。

日本サッカー協会田嶋幸三会長自ら解任理由を会見で説明している
のを見ましたが要領を得ない理由で『??』でした。
『逆に今しかない』とのパワーワードは本大会後に今一度噛みしめ
たいと思います。

どうせ一夜明けたらスポーツメディアがハリルJAPANの内情的な暴露
記事を出すだろうと待っていたわけですがハリルホジッチ監督が如何
に選手たちを恐怖政治で支配していたか的内容で「悪いのは全部独善的
なハリル」で揃えてきましたねw
ただ田嶋会長が解任理由の一因に挙げたコミュニケーション不足につい
てはあったのかもなぁ。通訳が必要な場合細かいニュアンスをどう言語
化するかとても重要だと思うのですが激しい口調とエキセントリックさ
があのトルシエと重なるハリルホジッチ監督の言葉の真意がどれほど
一度反感を抱いた選手たちに伝わっていたか知る由もありませんが。

で、後任がマイアミの奇跡?もうどうでもいいわw
[PR]
by caz0322753 | 2018-04-10 09:07 | つぶやき | Trackback | Comments(0)
エメ『俺は戦闘機』(えっ?

「今の俺は戦闘機」――“不惑”の元浦和FWエメルソンが現役続行に意欲満々!(サッカーダイジェストweb)

あのエメが40歳ということに時の流れを感じます。
『今の俺は戦闘機』?
40歳の戦闘機というと日本ではF-4EJ改。
現在空自が保有するF-4EJは2個飛行隊と実戦部隊ではない実験航空団のみで
その2個飛行隊が茨城県の百里基地に集められまるで老人ホー(ry
(ちなみに偵察機で編成されたRF-4Eの502飛行隊も百里に)
F-4EJ改は去年基地内を移動中に主脚が折れるというまるで骨粗鬆症のような
事故がありました。どんなに整備しても機体本体の経年劣化は防ぎようがなく…
本来ならもっと早く退役させているはずだったのに防衛省がF-4EJの代替機と
して強く希望していたF-22Aは長年に渡る交渉も米国議会が輸出を許可せず旧
民主党政権時代に代替機はF-35Aに決まりました。

そのF-35Aがついに今日青森県三沢基地に配備開始。
最新のステルス機が三沢に初配備(ホウドウキョク)

平成30年度中に10機が配備されオジロワシがエンブレムな302飛行隊が
F-35Aで編成される予定。
レーダーに映らないステルス機をアラート任務に使えるの?と疑問に思う
人もいるけどF-35やF-22は通常は機体にリフレクターを付けて飛行するので
レーダーに映ります。
a0005688_2217364.jpg

漫画「ファントム無頼」スペシャルマーキングされた現302飛行隊のF-4EJ改
[PR]
by caz0322753 | 2018-01-26 22:32 | つぶやき | Trackback | Comments(0)
毒を吐く
ICAN・核廃絶国際キャンペーンがノーベル平和賞を受賞したことは記憶に
新しいと思います。
オバマ前アメリカ合衆国大統領が『核兵器の削減(をしたいなぁ)』と発言
しただけで受賞した大変権威があるらしい賞です。

そのICANの事務局長が来日し反核キャンペーンをダミーに使った安倍政権
批判をメディアやいつもの反政府活動家と共闘し展開しています。
安倍総理に面会を求めたが拒否されたとNHKを筆頭にいつもの一部メディア
が報道し続けていますが安倍総理がバルト三国などを歴訪するスケジュール
が決定した後にアポを求めていたことが発覚し来日自体が反核キャンペーン
ではなかったのでは?と疑いたくなります。
スウェーデン出身の事務局長は母国が核兵器禁止条約に賛成していないこと
は棚に上げ『日本は広島、長崎以外で同じ過ちを繰り返していいと思って
いるのではないか』とすべての日本人を愚弄する発言をしています。
世界中でどの国より核兵器の恐ろしさを知っている日本人に向かってこんな
心無い言葉を吐きかける連中が核廃絶キャンペーン…どんな団体なのか普通
の感性の持ち主なら察せると思います。
日本の周辺にある中国など核兵器保有国に抗議するのではなく日本政府を非難
する手法は国内の反核団体のいつものやり方なのでICANもその一味なのでしょう。
事務局長は安倍総理が逃げたと言いたげですがアポなしで押しかけ逃げたもなに
もないでしょうにw
アポなしで押しかけるのがICANのスタイルならいますぐ日本から核兵器保有国
の中国に向かい習近平にアポなし会談を求めたらどうでしょう?
スウェーデンからならプーチン大統領に面会するのも近くていいのでは?
[PR]
by caz0322753 | 2018-01-18 09:33 | つぶやき | Trackback | Comments(0)
いつかは終わりが


少女終末旅行「 Main Theme 」

舞台はポストアポカリプス。
動植物が死に絶え荒廃した世界をケッテンクラートに乗った二人
の少女が旅するストーリー。
この「 Main Theme 」は文明は終わった。人類やその他の動植物は死に
絶えた。そんな世界を物悲しく幻想的な雰囲気で表現している。

キャラデザインはほのぼのとした脱力系?だし二人ののんびりした会話
と無人の巨大都市がどこまでも続く世界のギャップが激しい。
背景はどこまでも無機質、静けさと煌々と光る街灯…
ほとんどすべての人類が戦争?で死に絶え文明は失われ地球が終わるの
を静かに待つだけ。

現実世界の2017年はもうすぐ終わりこれからはAIの時代だと浮かれている
けどその先の未来は本当に明るいの…?





[PR]
by caz0322753 | 2017-12-28 22:34 | つぶやき | Trackback | Comments(0)
毒を吐く
毒を吐く。

(社説)政権継続という審判 多様な民意に目を向けよ(朝日新聞)

なんですかこれ?
暴走だと散々揶揄してきた手前引っ込みがつかない選挙結果が受け入
れられないのでしょうが民主主義国家の国政選挙の結果がその”暴走”
を評価したことが彼らには素で信じられないのでしょう。
自社の世論調査の結果が大嫌いな安倍総理に厳しい意見が多かったこと
が本当の民意だと言いたげです。

このように日本に限らずリベラル系メディアや自称リベラリストは自分
たちこそが正義と信じて疑わず民意を軽んじ選挙結果をポピュリズムなど
と揶揄し敗北を認めようとしないばかりか蔑む。
自分たちこそが正義だと民意を蔑にし正義を押し付ける…それこそが
ファシズムの発露ではないですか?

独りよがりな選民意識で書く政治主張が民衆に受け入れられない理由を
もっと冷静に分析して民衆の賛意を得られるようご自慢の知性を使うべき
ではないでしょうか?
[PR]
by caz0322753 | 2017-10-23 19:31 | つぶやき | Trackback | Comments(4)
「この世界の片隅に」
「この世界の片隅に」

上映当時勧める人がいたので気になっていながら観ていなかった。
予告編動画を見たけどリアリティが感じられない絵柄で気が進まな
かったというのが正直なところだった。

日本で戦時中の描写というと思い浮かぶのはNHK朝ドラの世界観。
空襲から逃げ惑う市民、やたら声が高く暴力的な近所の愛国者、食糧
不足…毎日暗黒社会だったかのように表現されてきた戦時中の庶民の
姿はモノトーンの印象だったのにこの映画の中では道端の草花、遠く
見える呉軍港の光景などみずみずしく柔らかな色彩で描かれている。
庶民の生活も次第に窮乏していく中でたくましく明るさを失わず暮ら
している様子が今までにない演出で印象的。

そんな暖かみのある日常描写の中に唐突に飛び込んでくる戦争という
超現実。
対空砲火の砲煙をカラフルに彩ってしまう主人公すずさんの視点が目
の前の戦争を現実と受け入れ切れていない表現として印象に残った。

僕が子供の頃はまだ戦争を体験した人たちが身近に生きていた時代
なのでその頃聞いた話を思い出した。
この映画はタイトルどおりこの世界の片隅に数えきれないほどあった
戦時中の生と死がいまよりずっと身近にあった日常を淡々と描くこと
で過剰な反戦メッセージや言葉ばかりの平和の尊さを押し付けずそれ
でいて日常に降りかかった戦争を上手く伝えている。


※追記
この映画、上映時でなくいま観たのは良かったのかもしれない。
21世紀の空襲警報が日本で鳴っているこの時期に。
[PR]
by caz0322753 | 2017-09-17 20:59 | つぶやき | Trackback | Comments(0)
俺さまの自由
「報道しない自由」についてね。

蹴球日本代表は6大会連続でワールドカップ出場を決めたわけです
が、試合後の監督会見がちょっと異様だったそうでハリルホジッチ
監督が一方的に喋り質問を受け付けず会見を切り上げたと。
ネット上の記事では監督がプライベートで深刻な問題を抱えており
辞任も示唆しているとありいつぞやのオフトの優勝会見を思い出し
なんだかなーと。

ハリルホジッチについてはメディアとの関係があまり良くないのか、
コンディション重視な選手起用に不満があるどこぞの三本線や代理店
が不満げなのか知りませんがw オーストラリアとの大一番を前にし
て引き分けなら更迭もあるような記事が出たり既に後任は誰々という
マスコミ辞令まで。
素人目にも的外れな戦術批判が書かれたりちょっと異常だなとは感じ
ていたのだけど昨日の練習後ハリルホジッチ監督が記者会見を開くと
知りNHKのライブ配信を見ることにした。
メディア経由では辞任が既定路線かのように感じ取れたけど冒頭で
田島JFA会長が今後も監督をサポートするとの言葉で辞任会見では?
との不安は杞憂に終わりましたが次に話を始めたハリルホジッチ監督
は前夜の発言は理不尽な批判をした人たちに対する言葉だったと打ち
明けました。
会見の全文はここにあります(Sports navi)


夜のNHKニュースやスポーツ系サイトでこの会見の内容が伝えられた
けどなぜ前夜ハリルホジッチがあのような会見をしたのかNHKニュース
からもスポーツ紙サイトの記事からも全く知ることが出来なかった。
前夜感情的になり辞任するかのようなコメントをしていた代表監督が
何事もなかったようにWカップに向けた抱負を話しているかのように
伝えるメディアのやり口…
これだと会見内容を知らない人は『なんだか気難しい爺さんなんだな』と
思いこれからもメディアの作り上げた監督像を信じちゃうんだろうなぁ…


最近これと似たようなことが国会でもあったんだよねー
恐ろしいのはこうしたメディアは「報道しない自由」で政権の支持率すら
急落させられると味をしめたことなんだけど。
これだけネットが普及しファクトチェックwがしやすい時代なのにいまだ
にテレビ報道や新聞記事を盲目的に信用しちゃうのは自分の首を絞める
行為じゃないですかね?
[PR]
by caz0322753 | 2017-09-02 10:23 | つぶやき | Trackback | Comments(0)