<   2018年 06月 ( 4 )   > この月の画像一覧
all or nothing
祝 日本代表ベスト16進出

今大会でポッド4からノックアウトステージへ進出出来た国は日本だけ。
本大会前の解任騒動からこの結果を予想するのはロジカルな思考では
不可能だったと思われ。

セネガルと真っ向勝負をし2度のビハインドを追いついた戦いは大会
屈指の好ゲームと高評価されてた。
一方で引き分け以上ならGS突破が確定したポーランド戦は最後10分
間の過ごし方を巡り世界中で相当叩かれているそうで。
まぁそんな部外者がほざいているスポーツマンシップだのエンタメ性
だのは気にすることないのです、特に美しく敗退した(失笑)どこぞ
の半島の妬みなんかはねw
ワールドカップなど代表の公式戦は結果を出すことが最優先。スペク
タクルで楽しいゲームが見たいならキリンチャレンジだので噛ませ犬
相手に好きなだけやればいい。

ただね、ロシア大会の準備段階を通じて日本がしてきたことは賭博で
ロジックが一切ない。犀を振ってたまたま当たっただけ。
3分でPKを得て一人少なくなった初戦のコロンビア戦、コロンビアが
失点しないことに賭けた3戦目、どちらも事前に入念に準備して実現
可能なことではないですよね。
もしコロンビアが最後の1分で失点したら9分間パス回しをしていた日本
は自ら勝ち上がる時間を捨てたことになったわけで…
賭けに負けていたら?今頃西野さんは日本に帰れないくらい袋叩きに
遭っていたかも。
それくらい危険な賭けをした結果のベスト16進出が今後日本の強化
の何の役に立つのか僕にはまったくわかりませんがとりあえず次は
思い残すことなくやり切って欲しいですね。





[PR]
by caz0322753 | 2018-06-30 11:40 | つぶやき | Trackback | Comments(0)
献身
ただ見ているだけの自分『元気を右サイドなんかで使うなよ…』
 
元気『日本のために戦う、もっと走れる』


FIFAワールドカップ・ロシア大会が始まりました。
JFAの政治ゲームに呆れ果て日本の初戦当日朝目にした元JFA
会長の心の底から軽蔑するツイートで腸が煮えくり返るような
怒りを抱えつつ浦和が育てた原口元気がついにワールドカップ
でスタメンとしてピッチに立つ姿を見ていたわけです。

左サイドを突破するドリブルも切り裂くカットインも披露する
事が出来ないポジションでチームの為に献身的に走り続ける。
ウガはゲーム中に上手くいかずイライラしている元気のなだめ役だ
ったという話からは想像もできない今のプレースタイル。
不慣れな右サイドで元気がスプリントを繰り返しプレスバック
で体を投げ出し守備をしている姿を見て人はここまで変われる
ものなんだと改めて思いました。



グループステージ・コロンビア戦
立ち上がり早い時間にもらったPKと一発退場というプレゼントを
活かしきれずパニクっている日本代表、ボーナスステージだと油断
し切ってひっくり返す気満々だったペケルマンはWカップGSのゲーム
で一人多い相手に対し勝ち点3を奪いにいくため攻撃の軸だったキン
テーロに代えてハメス・ロドリゲスを投入、ところがコンディション
不良で機能しないばかりか前半からプッシュしていた影響で足が止ま
り出し日本がゲームを支配し始め本田の左CKから大迫がヘッドで右
に叩き込み勝ち越しのゲット。
日本代表はアジア勢としてWカップ史上初めて南米代表国に勝利する
という試合前まで1㍉も予想していなかった大番狂わせを演じてしまい
ました。

4年前のブラジル大会の代表は余りにも酷い試合ばかりでほとんど記憶
にないのですが4得点のコロンビアが引退が決まっていたベテランGK
モンドラゴンを出してきてワールドカップの舞台で引退セレモニーを
やられた屈辱だけは覚えています。
今回日本を見下し切って自滅したペケルマンには心からの『ざまあw』
を送りたいと思います。


[PR]
by caz0322753 | 2018-06-20 14:21 | 浦和レッズ | Trackback | Comments(0)
梅雨入り
日本生まれの日本育ちなので生まれてからずっとこの季節を体験して
いるはずなのに湿気の酷さに慣れないのはなぜなんだろう。

今日6月6日は元RATTのギタリスト、ロビン・クロスビーの命日。

RATTはLAメタル(ヘアメタル)を代表するサンディエゴ出身のバンド。
MOTLEY CRUEと共にLAメタルブームを牽引したRATTのウリはロビンと
ウォーレン・デ・マルティーニのツインギター。派手なアクションと
華があるプレイとその巨大な容姿から”KING”と称されたロビン、技巧
派で繊細そうな美形wなウォーレンのコンビが絶妙でした。

Wanted Man/RATT


[PR]
by caz0322753 | 2018-06-06 21:52 | おんがく | Trackback | Comments(0)
insanity
ワールドカップ本大会登録メンバーが発表されました。

浦和からは槙野智章、遠藤航の二名が選出。
浦和で育った原口元気、長谷部誠も。

改めてメンバーを確認すると4年前の亡霊というか『俺たちのサッカー』
よもう一度という浪漫溢れる人選DEATHネ。
田嶋会長がハリルホジッチを切り『俺たちのサッカー』のリベンジを叶
えさせてあげるために用意したその他約20名の心情を思うと居たたまれ
ない気持ちになります。
それもこれもブラジル大会で勝ち点1に終わったことを受け止め切れな
かった、反省したつもりで日本は弱者の前提でワールドカップ本大会で
勝ち負けできるチームを目指したのに最終局面になり新しく就任した田嶋
会長は全部ひっくり返し燻っていた俺たちのサッカーを蘇らせてしまった。

本当なら大会直前で楽しみな時期なのに自分でも驚くくらい醒めていて。
更に鬱なのは大会後の話。田嶋会長は次期監督の人選に日本人を選びた
そうに感じるのだけどそもそもこんな理不尽がまかり通るフットボール
未開国の代表監督になろう思うまともな外国人指導者はいませんよ…w


それでも元気がピッチに立つ姿を見たら泣けるんだろうな…

[PR]
by caz0322753 | 2018-06-01 10:21 | つぶやき | Trackback | Comments(0)