straight ahead 
a0005688_01621.jpg
心配したが終わってみれば文句なしの1位通過。
得失点差が4あるので勝てばバーレーンのことは考えなくても
いいかなと少し楽観していたとは今だから言えること。
暑さと謎のウィルス性腸炎に苦しめられたUAEラウンド、コンディション
不良とバーレーンの抵抗で苦しんだ日本ラウンド。うちの選手たちもギリギリ
の状況での国際試合を経験してなにものにも代え難い経験を積んだと思う。
中1日での3試合を2週間でこなす強硬日程のせいでクラブに戻ってからの
コンディションが心配だが、今は心からおめでとうと言いたいです。

・・・大久保さん?もちろん21日はお休みですよね?

ところで啓太の「あの~」が耳について仕方なくありませんか?
キャプテンなんだからハキハキと答えんかいw
[PR]
# by caz0322753 | 2004-03-19 00:09 | Trackback | Comments(0)
免疫力
免疫力強化を謳う健康食品や本は癌患者とその家族にとっては
とても頼りたくなる物の一つだと思う。
昨日テレビで免疫細胞療法について放送していたが保険適用外という
ことで1クール6回の治療で120万円の費用がかかるそうだ。
癌に罹っていない人達にとっては法外に思えるかもしれないが通常の治療
ではもう治る見込みがない人(家族)は試してみたくなると思う。
自分もアガリクスやサメ軟骨エキス、プロポリスなど友人に金額を言うと
凄く驚くほど高額な物を母に飲ませていた。こういった物が実際に効果を
上げている人もいるのだろうが母は亡くなった。
免疫力が弱ってしまい体内の癌細胞が増殖し大きな腫瘍になったのだから、
免疫力を強化すれば腫瘍も縮小するのでは?とアガリクスなどを試して
みたが、今は大きくなった腫瘍が免疫力だけで縮小するわけないと思えてきた。
あの頃の自分は、なにかすがれる物を探していたのかも知れない・・・
ただ弱っていく母を見ているのが辛くて自分の気持ちを治める為に高額な
健康食品を買い続けていたのかも知れない。

日本では3人に1人が癌で亡くなる。それなのに日本の癌治療に対する研究費は
驚くほど少なく、それに携わる研究者もまた驚くほど少ない。
欧米では普通に使われている抗癌剤も日本ではその多くが認可されていない。
先進国と言われる日本も先端医療については10年遅れているそうだ・・・
治療法があるのにそれを受けられないというのはあまりに残酷だ。
[PR]
# by caz0322753 | 2004-03-18 01:11 | Trackback | Comments(0)
U-23代表戦 対レバノン
もう試合前の国歌独唱はやめろ。普通に演奏で何が悪い?
これも代理店の入れ知恵だろうが、相川ナナセやk-1のオッサンに
歌わせ失笑をかわせてなにかメリットがあるのか?きゃぷてんサン。
代表とは別に代表サポも様変わりしたな。女声がやけに聞こえてくる。
あれでは相手にブーイングしても何とも思われないだろう。
オリンピック予選ということもあるのだろうか、ここで引き分けたら終了
という悲壮感もなければ何としても勝たせようという意気込みも感じられない、
イベントを楽しむ雰囲気・・・
昔は良かったとは言わないが、97年の国立でのカザフ戦やUAE戦の
殺気立った雰囲気感じられなかった。

試合は日本が序盤から前掛かりで攻める、攻める。しかしレバノンもペナ付近では
キッチリと締めてきいてる為フィニッシュまで持っていくことが出来ない。
テレビではしきりに日本の攻勢を強調していたが得点は阿部のFKのみ・・・
2列目に松井、前田を置きながらポストがうまく使えない。右サイド石川も
突破まではいいのだがクロスを上げる前に相手DFの網にかかってしまった。
クロスを意識するよりも思い切ってミドルを撃つ選択もありだと思うけどなぁ。

後半、尚も攻め続けるがどうしても詰めが甘い。
攻めあぐねているうちにロングボールの処理を近藤が誤りカウンターで撃沈。
しかし、同点になったおかげ?でレバノンが少し前掛りになってくれればまだ
チャンスもあるな~と思っていたら前田のクロスに大久保がヘッドで合わせ
電光石火のゴール!
とにかく得失で4点差をつけ依然首位。次のバーレーン戦の結果次第だが
最後は痺れるような闘いが見れそうで楽しみだ。

マスゴミ期待の平山は、確かに高さもあり懐も深いけどまだマークがキツイと
仕事が出来ないしボールを持ったときの姿勢の悪さが気になる。
まぁまだ長い目で見てあげないといけないね。
[PR]
# by caz0322753 | 2004-03-16 22:50 | Trackback | Comments(0)
PLAY TO THE LIMIT!!
a0005688_14151.jpg
IN THE RIGHT SPILIT

ついに始まった2004シーズン。遅ればせながらのビデオ観戦を夕べ済ませ
やっとみんなに追いついた気分。
先日の甲府とのプレマッチを見てどうなることかと心配しっぱなしの日々だった
けどなんとか見れるくらいには仕上げてきたかなと言う感じ。
去年と比べて一番の違いは2列目がどんどんペナまで上がってくること!
ペナ中央にぽっかりと空いたスペースを埋めようとする動きが見れるだけでも
これは大きな変化だ。平河がアレックスと入れ替わってペナに進入してマイナスな
クロスを入れたり長谷部がドリブルで中央突破を試みるなんて場面もあり、ギドが
掲げている攻撃的なフットボールがどういう方向を示しているのかが少し解った。
一方守備はガチガチのマンマークからゾーンへと変更。この弊害が早速アン・ポンタン
のゴールの場面で見られたようだ。サイドからドリブルで持ち込むアンに対して誰が
付くのかが曖昧で体を寄せれば防げたかもしれないシュートを打たれてしまった。
得点はエメ神様のゴール。トラップからハーフボレー気味のボールがふわっと
ゴールに吸い込まれた。今年もエメは凄いぞと言うのを見せ付けるようなドリブル
突破も見せたし、早く田中フロドとのJ最強のコンビを見たいなぁ。
結果は1-1のドローだが悲観的になることはない試合だったと思う。試合後の挨拶
の時のサポコールもブーイングではなく凱歌をあげるような歓声に聞こえた。
(テレビなのでバックに聞こえる声だけだったけどね)

↑の画像は去年の横酷
[PR]
# by caz0322753 | 2004-03-15 14:02 | Trackback | Comments(2)
グッド・ウィル・ハンティング
結構好きな映画。
公開当時、マット・デイモンの才能に驚いた。
最近は所謂ハリウッド映画に出ているようだけどもっと
心に残るような作品をまた自分で作ってくれたらなぁ。

殻に閉じこもりながらも心のどこか出口を探している・・・
どこか頑ななところがちょっと解るような気がするな。
[PR]
# by caz0322753 | 2004-03-10 23:00 | Trackback | Comments(0)
温泉の素
以前旅館でもらった入浴剤を夕べ使ってみた。
なんだか硫黄の臭いがして、ま・さ・に 温泉気分。
が、布団に入るとなんだか体が硫黄臭い。
夜中に何度か硫黄臭さでうなされたかも。
日中もそこはかとなく硫黄の臭いを漂わせつつ取引先と打ち合わせを
したりしてへんな臭いに気づかれなかったのだろうか・・・心配だ。

大久保、代表復帰だって?
コイツはちょっと挑発するとすぐにキレるのも知られているだろうな。
UAEの挑発に乗り一発レッドでしょんぼりと退場する大久保・・・頼むから
本気モードの国際試合での駆け引きを覚えてくれよ。
[PR]
# by caz0322753 | 2004-03-08 22:53 | Trackback | Comments(0)
tatsuya!!
a0005688_112425.jpg
凄い!凄すぎる!

他に言葉が出てこない・・・

達也は神。

そしてU-23代表も本当に逞しくなった。残り5分の頑張り。代表の試合で
これほどまでに熱くのめり込んだのは久しぶりでした。
勝つんだ という強い気持ちを見せてくれた。山本監督が見せたナミダも
谷間の世代と揶揄され、大人しく声も出ないと無気力さを散々言われてきた
彼らが悪コンデションの中、最高の試合をしたことが嬉しかったからだろうね。
[PR]
# by caz0322753 | 2004-03-06 11:25 | Trackback | Comments(0)
ギド・レッズ
ついに姿を現したギドのフットボール・・・

まだほとんど見れていないけど。ちらっと見た感じでは
ボールが足元に入り過ぎでギクシャクと音が聞こえるようだった。
2ちゃんでも悲観的な感想が多いけど、これが初戦。新しいシステムに
挑んでいるのでいきなり上手く動ける訳がない。今日は実戦でこれから
修正しなければならない点が見えてきたと思えばいい。
[PR]
# by caz0322753 | 2004-03-05 03:26 | Trackback | Comments(2)
腰痛
イタタタ。仕事で座りっぱなしのせいか、5年くらい前から腰痛が酷くなった。
最近は調子が良かったんだけど、母の容態が悪くなった頃から再発。
その後、葬儀やらなんたらで痛さを忘れていたけど先週くらいからまた
始まったよ。

U-23 まとまってきたな。谷間の世代と言われていたけど、時間をかけて
ここまでのチームを作り上げたということは評価できるよ。フル代表の
あの御方よりはチーム作りに明確なビジョンがある。
この世代は数ヶ月で一気に伸びる選手もいるから相乗効果もあるだろうけど
予想以上に頼もしくなってきてこれからが楽しみ。
[PR]
# by caz0322753 | 2004-03-04 13:27 | Trackback | Comments(0)
ロード・オブ・ザ・リング
「王の帰還」見てきたぞ。
フロド、深爪じゃないか?いつ爪切ってんだ?

上映時間が長いから腰の痛みが心配だったけどあまり気にならなかった。
ピピンとメリーの見分けがいまいちつかなかったけど今回は離れている
場面が多かったから見分けがつくようになった。ってそれが一番に書く
感想かよ。
見終わった後、彼女が、あの中で誰になりたい?って聞くからレゴラスが
イイって話になって、象によじ登って仕留めて鼻を滑り降りてくる場面が
決まりすぎだよね ってことで意見が一致した。
[PR]
# by caz0322753 | 2004-02-25 01:48 | Trackback | Comments(2)